匠の技術継承_木型2

匠の技術 継承支援事業(双型)①木型作成

富山県では、伝統工芸の技術継承を支援する「匠の技術 継承支援事業」を行っており、
当工房の般若保も本事業に携わっております。

保は平成29年度に県から「伝統工芸の匠」の認定を受け、技術継承希望者に対し双型の技術指導を行いました。

昨年度に引き続き、今年度も技術指導を行っています。
指導内容は昨年同様、鉄瓶制作を通した双型技術全般で、今年度中に鉄瓶を完成させます。

6月から技術指導が開始され、鉄瓶のデザインや木型の作成を行っています。

匠の技術継承_形状案
鉄瓶の図案。これをもとに木型を作成します。

匠の技術継承_木型作成
鉄板を切って削って木型を作成。
保と一緒に写っているのは今年度の継承者、しろがね屋 裕翠の中山さん

匠の技術継承_木型2
完成した木型。これを砂の上で回転させて鋳型を作ります。

次回は作成した木型を使って鋳型を挽いていきます。

関連記事

  1. 双型06-02

    匠の技術 継承支援事業(双型)⑥中子作り

  2. 匠の技術継承_篦押し04

    匠の技術 継承支援事業(双型)③篦押し(ヘラおし)

  3. 匠の技術 継承支援事業(双型)⑦金吹き

  4. 双型05-09

    匠の技術 継承支援事業(双型)⑤注ぎ口・鐶付埋込み、型焼成

  5. 注ぎ口01

    匠の技術 継承支援事業(双型)④注ぎ口・鐶付作り

  6. 匠の技術 継承支援事業(双型)⑧仕上げ・着色

  7. 匠の技術継承_型挽き04

    匠の技術 継承支援事業(双型)②型挽き

PAGE TOP