日本工芸会正会員 般若 保(はんにゃ たもつ)

平成5年の日本伝統工芸展で最高賞である総裁賞を受賞。
異なる材料を交互に流し込んで、現代的で流麗な独特の文様を出させる吹分(ふきわけ)技法を得意とする。
日本工芸会正会員、伝統工芸士、日本鋳金家協会会員、富山県鋳物木型技能士副会長、1級鋳物技能士 技能検定委員。

他の作品は日本工芸会たかおかストリート たかおかの工芸作家をご覧ください。

吹分技法(ふきわけぎほう)

般若鋳造所独自の技で、溶解した2種の金属(真鍮・唐金など)、または、3種の金属(白銅・真鍮・唐金など)を一つの鋳型に順次流し込むことにより、幻想的な模様を作り出す鋳造技法のことです。

昭和16年 高岡市に生まれる。宗勘、勘渓は兄。
昭和34年 父与吉の営む双型鋳造に従事。
父与吉、兄宗勘、勘渓より双型法による技術全般を習得する。
昭和44年 鋳金家中村義一氏に双型、箆押し、挽き型、変形法を習う。
昭和50年 第5回伝統工芸日本金工展 初入選。以後30回入選。
昭和52年 第24回日本伝統工芸展 文部大臣賞受賞。(国立近代美術館蔵)以後28回入選。
昭和54年 富山技能開発センター(現ポリテクセンター)にて講師を務める。(~昭和60年)
昭和58年 第3回青年伝統工芸展 最優秀賞通産大臣賞受賞。
平成4年 第22回伝統工芸日本金工展 東京都教育委員会賞受賞。
平成5年 第40回日本伝統工芸展 総裁賞受賞。(高岡市美術館蔵)
平成6年 第3回香取正彦賞受賞
平成7年 宮内庁献上品「吹分花瓶」製作。
平成9年 高岡市民文化賞受賞。
平成13年 第31回伝統工芸日本金工展 日本工芸会会長賞受賞。
平成16年 伝産協会指定 伝統工芸士に認定される。(双型鋳造部門)
高岡市伝統工芸産業保持者に認定される。(双型鋳造部門)
平成21年 第5回佐野ルネッサンス鋳金展 大賞受賞。
平成26年 ニューヨークで開催された「とやま伝統工芸PR展示会」に参加。
平成27年 高岡市民功労者表彰。
平成28年 薬師寺奉納品「吹分大花入(一対)」製作。
瑞宝単光章受賞。
PAGE TOP