注ぎ口01

匠の技術 継承支援事業(双型)④注ぎ口・鐶付作り

前回に引き続き、「匠の技術 継承支援事業」の鉄瓶制作についてです。
今回は、注ぎ口と鐶付の型を作ります。

注ぎ口・鐶付
鉄瓶の緑丸の部分が注ぎ口、赤丸の2か所が鐶付です。
前回までのように、木型を回転させて挽ける型は鉄瓶本体の部分のみになるので、注ぎ口・鐶付の型は別途作る必要があります。

注ぎ口01
注ぎ口、鐶付の石膏原型を使って紙土(和紙を混ぜた土)で型を取ります。

注ぎ口02
注ぎ口・鐶付どちらも上下半分ずつ型を取ります。
型を取ったら、鐶付の型はハジロ(粘土を水で溶いたもの)で上下の型を接着させます。
空洞になっている部分が写っていないのでわかりづらいですが、上の写真の奥にあるのが鐶付の型です。(既に上下の型を合わせた状態。)

鐶付の型はこれで仕上がりですが、注ぎ口は中子も作る必要があります。

注ぎ口04
注ぎ口の型に、一定の厚さに延ばした粘土を貼ります。

注ぎ口05
粘土を貼った型に、真土を詰めていきます。

注ぎ口06
真土を詰めた上下の型を、ハジロを使って接着させます。

注ぎ口07
合わせた中子の隙間に真土を詰めます。

注ぎ口08
中子が乾いて固まったら、型から取り出します。

注ぎ口09
取り出した中子。

注ぎ口10
型の粘土をはずし、中子をおさめます。

注ぎ口11
中子をおさめたら上下の型を合わせ、ハジロと紙土で接着します。

注ぎ口012
乾燥させて、注ぎ口の型が仕上がりとなります。
上の写真の、型と中子の隙間に金属が流れて鉄瓶の注ぎ口部分ができます。

この後、乾燥した注ぎ口・鐶付の型を焼成しました。

次回は、完成した注ぎ口・鐶付の型を、前回までに作成した鋳型に埋め込みます。

関連記事

  1. 匠の技術継承_木型2

    匠の技術 継承支援事業(双型)①木型作成

  2. 双型06-02

    匠の技術 継承支援事業(双型)⑥中子作り

  3. 匠の技術継承_型挽き04

    匠の技術 継承支援事業(双型)②型挽き

  4. 匠の技術 継承支援事業(双型)⑧仕上げ・着色

  5. 匠の技術継承_篦押し04

    匠の技術 継承支援事業(双型)③篦押し(ヘラおし)

  6. 双型05-09

    匠の技術 継承支援事業(双型)⑤注ぎ口・鐶付埋込み、型焼成

  7. 匠の技術 継承支援事業(双型)⑦金吹き

PAGE TOP